特別展 星と海~太平洋に伝わる航海術~展

特別展 星と海~太平洋に伝わる航海術~展


チラシはこちら(1.5MB)

【開催日時】

2022年7月16日(土)~9月4日(日)

【会場】

明石市立天文科学館・3階特別展示室

【内容】

太平洋の島々には、風や波など自然を感じながら海を進む航海術が伝えられています。中でも星はとても重要な目印でした。本特別展では、南半球の星空や、太平洋に伝わる航海術を人々の文化とともに紹介します。

【展示品】

太平洋に伝わる航海術のアニメーションや、マーシャル諸島のスティックチャート、カヌーの模型を展示します。


マーシャル諸島のスティックチャート(協力:海上保安庁)

カヌー模型(協力:海上保安庁)

【展示風景】


南の空(撮影:津村光則さん)

ハワイのスターライン(監修:臼田‐佐藤 功美子先生)

太平洋に伝わる星座(協力:後藤明先生)

オセアニア伝統航海術のアニメーションや解説パネル(協力:国立民族学博物館)

【協力】

海上保安庁、国立民族学博物館、後藤 明(南山大学)、臼田-佐藤 功美子(国立天文台 ハワイ観測所)、津村 光則

特別展関連イベント・講演会「南太平洋の神話と暮らしの中の星座」

特別展の開催に合わせて、講演会を行います。

【講師】

後藤 明(南山大学教授)

【開催日時】

2022年8月26日(金) 19:30~21:00(開場 19:00~)

【開催方法】

天文科学館・2階プラネタリウムドーム 定員100名(事前申込制)

【参加費】

300円(駐車料金別途200円)

【参加方法】

8月2日(火)9:00~前日17:00まで、下記申込フォームで先着順に受付。
申込はこちら

【講師プロフィール】

後藤 明
文化人類学者・考古学者/ハワイ大学 人類学部大学院 博士課程修了。
現在は南山大学人文学部人類文化学科教授・海洋文化館総監修者。