時と天文の用語集

太陽

太陽は、毎日変わらず暖かい熱と明るい光を空間に放ち続けています。 そのエネルギーの源はいったいなんでしょうか?

太陽の中心部は、温度が1,500万度もあり、そこでは猛スピードで飛び 回っている水素の原子核どうしが衝突して、ヘリウムなどの重い原子核 に変わっていきます。これを原子核融合反応といい、この反応がおこる ときに莫大なエネルギーが発生します。

太陽は質量が地球の33万倍もあり、太陽全体の重さのために、その 中心部では密度が1立方㎝あたり160グラム、2,400億気圧もあります。 しかし、この圧力に押しつぶされず太陽が球形を保っているのは、原 子核融合反応によって発生したエネルギーによるからです。 中心部で発生したエネルギーは、光(いろいろな波長の電磁波) となって外に出ていきます。

太陽の表面を光球面といいます。温度は約6000度。また、光球面の ところどころに黒点がみられます。

光球の上には、彩層という薄い 層があります。彩層の上には、ところどころに雲のような紅炎 (プロミネンス)が見えます。

太陽の外側には、コロナと呼ばれている稀薄なガスの層があり、皆既 日食のとき、肉眼でよく見えます。コロナのガスが太陽の強い重力に 引き込まれないで存在し続けているのは、ガスが温度100万度以上に 相当する速いスピードで動いているからです。

太陽面のところどころの狭い場所から爆発的にガスが噴出することが あります。それをフレアといい、とび出したガスは太陽風となって地球 や他の惑星にさまざまな影響を及ぼしています。

太陽のしくみ図

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)