時と天文の用語集

隕石

隕石とは、地上まで落下して来た天体のことで、月の石とともに人類が手にとって研究 することのできる数少ない天体です。
火星と木星の軌道の間を公転している 小惑星の破片と考えられています。また、隕石は次の三種類に分類すること ができます。

  1. 鉄とニッケルを主成分とする隕鉄
  2. 主にケイ酸塩鉱物からなる石質隕石
  3. 石と鉄とからなる石鉄隕石

いずれも生成年代は46億年前と推定され、太陽系が誕生した頃の物質をそのまま 保っていると考えられています。

  アメリカ・テキサス州のオデッサで発見された鉄隕石 1922年にアメリカ・テキサス州のオデッサで発見された鉄隕石で、重さが20.9㎏もあります。
  チリ・アタカマ砂漠で発見された石鉄隕石 1882年にチリ・アタカマ砂漠で発見された石鉄隕石で、重さは1㎏です。
  西アフリカ・ブルキナ・ファソに落下した石質隕石 1960年5月に西アフリカ・ブルキナ・ファソに落下した石質隕石で、重さは3.8㎏です。
  オーストラリア・グレートサンディー砂漠東側に落下した石質隕石 1960年10月にオーストラリア・グレートサンディー砂漠東側に落下した石質隕石で、重さは0.22㎏です。

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)