時と天文の用語集

HOME > 時と天文の用語集 > 世界の天文台遺跡

世界の天文台遺跡

エジプトのギザのピラミッド

  エジプトのギザのピラミッド (B.C.2680-B.C.2550年)

古代文明の最も巨大な遺跡であるピラミッドは、当時の王族の墓です。
ギザのピラミッドは、東西南北に正確にそろって建てられており、正確 な天文観測技術を持っていたことがうかがえます。

イギリスのストーンヘンジ

  イギリスのストーンヘンジ (B.C.2800-B.C.1100年)

世界各国には先史時代の巨石建造物が残されています。
このイギリスのストーンヘンジは、直径125mもある遺跡ですが、石の配列が夏至の日の出入りの位置や夏至と冬至の月の出入りと一致することから、古代の天文観測所という説があります。

インドのサムラート・ヤントラ

  インドのサムラート・ヤントラ (1734年)

17世紀のインド(ムガール帝国)の政治家であったジャイ・シンⅡ世は、インド各地に巨大観測器を並べた天文台をつくりました。
この日時計はジャイプールに残っているジャンタル・マルタン(天文台)の観測器のひとつです。
サムラート・ヤントラとは「最も優れた観測器」という意味です。

このページの先頭へ

中国の北京天文台

  中国の北京天文台 (1442年)

中国では、長い間の天文観測の歴史が残されています。
それぞれの時代で多くの天象台(天文台)がつくられました。
この北京に残された天文台は、元の時代のころから天文台がつくられた場所にあり、17世紀の末期に改修されたものです。

メキシコのチチェン・イツァーのピラミッド

  メキシコのチチェン・イツァーのピラミッド (300~900年)

中央アメリカのマヤ人は正確な天文観測を行っていた民族です。 このピラミッド型の神殿の階段はそれぞれ91段で、四方あわせて364段あり、神殿の入り口の一段を加えると365段となります。
これは1太陽年の日数と一致します。

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)