時と天文の用語集

HOME > 時と天文の用語集 > グレゴリオ暦

グレゴリオ暦

西暦1582年に、ローマ法王グレゴリオ13世が制定した暦で、現在、世界中のほとんどの国が使用しています。
それまでは、紀元前46年にユリウス・シーザーが制定したユリウス暦が使われていましたが、3月21日頃にあるはずの春分が、16世紀には3月11日になっていることが、ローマの天文学者や数学者、僧侶たちの研究でわかりました。
その原因は、閏年の置き方が4年に1回となっていたためです。
グレゴリオ13世は、1582年に暦法を改めることを決め、1582年10月4日の次の日を10月15日として、翌年からの春分を3月21日頃になるようにしました。
そして、閏年を400年間に3回はぶくことに改めました。
グレゴリオ暦の採用年は、国によって異なります。
主な国の採用年は、次の通りです。

西暦

採用年
主な国々
1582年 イタリア、フランス、スペイン、ポルトガル、ポーランド
1587年 ハンガリー
1700年 ドイツ、オランダ、デンマーク
1752年 イギリス
1753年 スエーデン
1872年 日本(実施は1873年、明治6年)
1912年 中国
1915年 ブルガリア
1917年 ロシア(10月にロシア革命、11月にソビエト連邦樹立)
1919年 ユーゴスラビア、ルーマニア
1923年 ギリシャ

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)