時と天文の用語集

HOME > 時と天文の用語集 > 太陽望遠鏡

太陽望遠鏡

太陽望遠鏡太陽望遠鏡は、4階屋上の南側の観測ドームの中にあります。

望遠鏡は、クーデ式の太陽観測専用の望遠鏡で、口径25㎝の主鏡で拡大された白色光の太陽像を3階の展示室 に直径139㎝(実際の太陽の10億分の1)に映しだしています。
また、太陽光の一部は、Hα線の太陽像と分光器によるスペクトルを見ることができます。

この望遠鏡には、口径7.5㎝と8㎝の屈折望遠鏡が2台同架されており、それぞれテレビカメラが取り 付けられ、白色光の太陽像とHα線の太陽像を3階の展示室のテレビモニターに 映しだしています。

 

 

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)