子午線のまち・明石

HOME > 子午線のまち・明石 > 子午線と経度

子午線と経度

子午線とは

  子午線 図1 中国では古い時代から図1のように方位や時刻を十二支で表わしました。
方位については、真北を「子」、真南を「午」と呼びましたが、子午線とは「子」と「午」の方角、つまり真北と真南を結んだ線という意味です。
したがって、子午線は、任意の地点を通る南北線のことであり、地球上であり、地球上には無数にあります。
一般に、明石を「子午線のまち」といいますが、その意味は「日本標準時の基準となる東経135度子午線上のまち」という意味なのです。

経度とは

  子午線 図2 図2のように、両極と地球中心を含んだ平面で地球を切ったとき、その切り口を子午面、切り口の地球表面に沿った線が子午線といいます。
イギリスのグリニッジ天文台を含んだ子午線(これを本初子午線といいます)と、任意の地点Aを含んだ子午面との間の角∠GPA=λを、A点の経度といいます。

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)