子午線のまち・明石

HOME > 子午線のまち・明石 > 明石と子午線の歴史

明石と子午線の歴史

日本標準時子午線との出逢い

1884(明治17)年 国際子午線会議の開催
1886(明治19)年 日本標準時子午線の決定(1888年1月1日より施行)
1910(明治43)年 最初の子午線標識
明石小学校長会が、日本標準時子午線が明石に通っていることを示す子午線標識を建てました。現在も、明石市天文町の大蔵交番(子午線交番)前にあります。
1915(大正4)年 日本の地図原点である東京麻布の東京天文台の経度に10.4秒の修正が加えられ地図によって決めていた標識は東経135度からずれてしまいました。


こだわりの測量方法

1928(昭和3)年 天体測量による子午線位置の決定
明石中学校(現在の明石高校)の校庭で、正確な子午線位置を決めるための天体観測(星を観測して経度を決める測量)を行ないました。この結果をもとに、大蔵交番(子午線交番)前の最初の子午線標識を移設しました。また、1930(昭和5)年人丸山に子午線の標識(トンボの標識)、1933(昭和8)年神明国道(現在の国道2号)に標識を建てました。
1945(昭和20)年 明石大空襲
子午線標識も戦争の被害にあいました。
1951(昭和26)年 再観測による子午線位置決定
戦争の被害から立ち直りつつあった市民の間で子午線標識の復旧が話題になりはじめました。1951(昭和26)年、月照寺で天体測量を行ない、より正確な子午線の位置を決めました。
1957(昭和32)年 天文科学館建設への期待
市民の間に天文科学館を建設したいという声があがるようになりました。

このページの先頭へ

受け継がれる「子午線」への想い

1960(昭和35)年 天文科学館の誕生
明石市民待望の天文科学館を日本標準時子午線の真上に建設し、1960(昭和35)年6月10日(時の記念日)に開館しました。このとき東ドイツのカールツァイス・イエナ社製の大型プラネタリウムも設置しました。
1964(昭和39)年 「子午線通過記念証」の配布
この年から6月10日の時の記念日に「子午線通過記念証」を配布しはじめました。
1986(昭和61)年 日本標準時制定100周年
1995(平成7)年 阪神淡路大震災(兵庫県南部地震)
1月17日午前5時46分、淡路島北部を震源地とする兵庫県南部地震が発生しました。
天文科学館の大時計は地震が起きた時刻で止まってしまいました。
1998(平成10)年 天文科学館リニューアル
震災から3年。震災から立ち上がったシンボルとして、天文科学館のリニューアルは市民の方々からよろこばれました。
2005(平成17)年 子午線のまちのヒーロー「軌道星隊シゴセンジャー」登場
2010(平成22)年 天文科学館開館50周年
最初の子午線標識建立100周年

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)