プラネタリウム

HOME > プラネタリウム > 本日のプラネタリウム

本日のプラネタリウム

2021年(令和3年)11月28日(日)のプラネタリウム
※翌日以降のスケジュールについては電話などでお問い合わせください。

投影回
開始時刻
投影内容
1回目
9:50
一般投影
アルマ望遠鏡-宇宙を見上げる大きな目
2回目
11:10
キッズプラネタリウム
クリスマスアワー
3回目
13:10
一般投影
アルマ望遠鏡-宇宙を見上げる大きな目
4回目
14:30
一般投影
アルマ望遠鏡-宇宙を見上げる大きな目
5回目
15:50
一般投影
アルマ望遠鏡-宇宙を見上げる大きな目

※平日の9:50~は団体予約がある時のみ投影があります。
※平日の学習投影や幼児投影は予約団体のキャンセルにより一般投影に変更する場合があります。
※投影後の消毒等作業のため、プラネタリウムの投影時間は約45分間です。
当日整理券制です。



【11月のプラネタリウム投影について】
投影内容 ○11月の一般投影は「アルマ望遠鏡-宇宙を見上げる大きな目」です。
○キッズプラネタリウムは土・日・祝の11:10~です。
 11月23日(火・祝)までのキッズプラネタリウムは「それゆけ!ペルセウス!」です。
 ※11月6日(土)、7日(日)の11:10~は「軌道星隊シゴセンジャー」(事前申込制)になります。
 11月27日(土)からのキッズプラネタリウムは「クリスマスアワー」です。
○最新天文ニュース解説:11月13日(土)9:50~
○熟睡プラ寝たリウム:11月23日(火・祝)13:10~、14:30~、15:50~
※学校団体等の予約による学習投影や幼児投影、館行事による特別投影等により投影内容を変更することがあります。
 
★詳しくはお問い合わせください。(電話/078-919-5000)


一般投影の話題

その日の夜に見える星空と、期間ごとのテーマにそったお話を紹介します。

プラネタリウム一般投影番組のご案内
「アルマ望遠鏡-宇宙を見上げる大きな目」
2021年(令和3年)10月1日(金)~11月30日(火) 
アルマ望遠鏡は、チリのアタカマ砂漠にある66台の電波望遠鏡です。複数の望遠鏡を組み合わせる 技術により、惑星の誕生現場やブラックホールの直接観測など、かつてない高解像度の観測を行っています。
アルマ望遠鏡と電波天文学についてお話しします。

(c)ALMA(ESO/NAOJ/NRAO)
 
2021年11月の天文科学館News(PDF)


投影番組紹介

2021年度の投影番組紹介はこちらです。
(過去の天文科学館Newsもご覧になれます)



 

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)