プラネタリウム

HOME > プラネタリウム > 2007(平成19)年度の投影番組

2007(平成19)年度の投影番組

一般投影

プラネタリウムは自然とそっくりの星空を映し出す装置で、四季の星座をはじめ、南極や北極の星空、惑星の動きなどいろいろな天体現象を投影できます。

当館では、プラネタリウムを使って、星座や惑星を紹介したり、天文の話題についておはなしします。
プラネタリウムの話題は期間ごとに替わります。その内容は次のとおりです。

投影番組
投影期間
内容
金星の世界
~ビーナスの素顔~
4月17日(火)~
5月31日(木)
この頃、宵の明星「金星」が輝きます。金星は英語では愛と美の女神ビーナスとよばれます。また金星は、地球の姉妹星と呼ばれるほど大きさがよく似ています。しかし金星の地表面は硫酸の雲に覆われ、表面温度460度、90気圧の灼熱の世界です。この期間は探査機の映像を交えながらビーナスの素顔について紹介します。
和時計の不思議 6月 1日(金)~
7月8日(日)
6月10日は時の記念日です。時を計るのに不可欠な道具が時計です。江戸時代、日本人は和時計という独特の時計を創り出しました。和時計はいろんな種類があり、中には天体観測にも用いられたものもありました。この期間は和時計の魅力について紹介します。
太陽系新時代
~冥王星・その後~
7月11日(水)~
8月19日(日)
最新の観測により、私たちの太陽系はこれまで知られていたよりもはるかに大きく豊かであることが分かってきました。そのため、2006年夏、太陽系の惑星の定義が決められ、惑星の数が8個となり、冥王星は新しいカテゴリーに分類されました。この期間は太陽系の新しい姿をわかりやすく紹介します。
月のおはなし
~皆既月食と
中秋の名月~
8月 21日(火)~
9月30日(日)
8月28日に皆既月食、9月25日が中秋の名月と月に関心が集まる時期です。9月14日には、アポロ計画以来最大規模の本格的な月の探査として各国からも注目されている日本の月探査機かぐやが打ち上げられました。この期間は月に関するお話を紹介します。
人工衛星秘話
~スプートニク打上
から50年~
10月2日(火)~
10月 31日(水)
10月4日は、1957年に初めての人工衛星スプートニクが打ち上げられて50年になります。当時、アメリカとソ連(現ロシア)は激しい宇宙開発競争を行っていました。現在では国際宇宙ステーションによって国際協力が進んでいます。
星座と神話のめぐりあい
~秋の星座と
ギリシャ神話~
11月 1日(木)~
12月 2日(日)
星座は今から5000年前にメソポタミア地方(今のイラク付近)で誕生しました。星座は、フェニキアの船乗りたちによってギリシャに伝わりギリシャ神話と結びつきました。この期間は星座と神話の歴史をたどりながら秋の星座を紹介します。
クリスマスの星 12月 4日(火)~
12月26日(水)
クリスマスシーズンになると、ツリーの頂上にクリスマスの星を飾ります。この星はイエス・キリストが誕生した時に出現した星をあらわしています。この星の正体はハレー彗星説、超新星説などが提唱されています。この期間は、クリスマスの星の正体についてお話します。
すばる望遠鏡がとらえた
宇宙の姿
1月 5日(土)~
2月24日(日)
「すばる望遠鏡」は、日本の国立天文台がハワイのマウナケア山に建設した高性能の望遠鏡です。最も遠い銀河の発見や太陽系外惑星の発見など数々の成果を発表しています。この期間は、すばる望遠鏡の紹介と最新成果を紹介します。
南半球の星空 2月 26日(火)~
4月13日(日)
プラネタリウムの魅力のひとつは、日本にいながら世界中の星空を見ることができることです。この期間は、明石からは見ることができない南十字星や大マゼラン雲、小マゼラン雲などの南半球の星空を紹介します。

※ 団体向けに投影内容を変更する場合があります。

このページの先頭へ


学校団体対象投影

学校団体が入館した場合は、その日の星空に、つぎのような学習内容を加えたプラネタリウム投影を準備していますので、学習効果を一層高めていただけます。
また、上記の一般投影の内容も加えることもできます。
天体学習や社会見学として、また自然学校の体験学習の一環としてご利用ください。
下記の投影番組以外も実施できますので、電話(078-919-5000)にてお問い合わせください。

対象
投影番組(内容)
小学3年生 理科学習「日なたと日かげ」
小学4年生 理科学習「星と月」
小学5年生 理科学習「地球とお天気」
中学生 「天文学習全般」
総合的な学習「月」・「子午線」
ドーム発表会・イベント等

※予約の際には、ご希望の番組名をお知らせください。


幼児団体対象投影

投影期間投影番組サブタイトル
6月1日(金)~7月7日(土)幼児対象たなばたアワー」(PDF)
9月1日(土)~10月31日(水)幼児対象お月見アワー
11月23日(金)~12月24日(月)幼児対象クリスマスアワー

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)