各種催し物のご案内

HOME > 各種催し物のご案内 > 特別展 >「時」展覧会2020in明石

2020年度(令和2年度)特別展

2020年は
天文科学館開館60周年
時の記念日100周年

時の記念日100周年 「時」展覧会2020 in 明石


 6月10日は時の記念日です。1920(大正9)年、東京教育博物館(現在の国立科学博物館の前身)で時間をテーマにした「時」展覧会が開催され大人気になったことがきっかけとなり、「時の記念日」が誕生しました。第一回「時の記念日」は、日本の大衆に「秒」を意識させた初めての大々的なイベントとなり、その後日本人の時間意識にも影響を与えました。
 「時の記念日」100周年を迎える本年、一世紀ぶりとなる「時」展覧会を開催します。本展では、大正時代の「時」展覧会と「時の記念日」、そして日本の時計技術の歩みを振り返るとともに、日本標準時や時間に関する最先端研究について紹介します。昔の「時」を学び、現在の「時」を理解し、未来の「時」に想いをはせていただけますと幸いです。
 

【展示期間】 2020年6月2日(火)~7月12日(日)
【展示場所】 天文科学館 3階 展示室
【主催】 国立科学博物館、明石市立天文科学館、日本時計協会
【協力】 情報通信研究機構、カシオ計算機、シチズン時計、セイコーウオッチ、セイコーエプソン、セイコークロック、セイコーミュージアム、リズム時計、本時間学会、山口大学時間学研究所
【資料協力】 海上保安庁、国立天文台、郵政博物館
【後援】 神戸新聞社

※国立科学博物館
(東京都台東区上野公園7-20)では、6月5日(金)~7月12日(日)に、時の記念日100周年企画展 『時』展覧会2020 を開催。
 

【展示紹介】
 
■その時、人々は「秒」を意識した

 1920年の「時」展覧会や「時の記念日」について紹介します。第1回の「時の記念日」では東京各所で時間を大切にする呼びかけが行われ、正午の時報に合わせて、大砲や工場の汽笛や寺院の鐘が一斉に鳴り、東京は"響きの都"になりました。「時の記念日」は、日本の大衆に「秒」を意識させた初めての大々的なイベントとなり、その後日本人の時間意識にも影響を与えました。
 
〔会場〕3階 特別展示室
     
■日本における時計100年の技術の進歩

 日本の時計産業は、この100年間、時間の正確さと携帯性の向上を限りなく求め続け、世界市場を席巻するクオーツ時計を次々に開発するなど、世界をリードしてきました。その歴史をパネルで紹介します。
 
〔会場〕3階 天文サロン
     
■「時」の研究最前線

 正確な日本の標準時や原子時計、次世代の光格子時計の研究など、時間に関する研究の最前線も取り上げ、精度の向上が私たちの生活や社会をどのように変えたかを紹介します。
 
〔会場〕3階 時のギャラリー
     

時や天文科学館にまつわる図工作品


■明石市立藤江小学校 2019年度5・6年生作品

 2020年は、「時の記念日」100周年です。このことを話題として、昨年、当館の井上館長が、藤江小学校の図工の授業に伺い、子どもたちに「時」にまつわるお話をしました。
 その時の内容をヒントに、当時の5年生によって楽しいオリジナル時計ができ上がりました。
 また、昨年度は明石市制100周年ということで、当時の6年生が明石の町への思いを箱の中に表現しました。その中には天文科学館をイメージした子もいました。
 それぞれの作品の中から一部を、特別展『「時」展覧会2020 in 明石』に合わせて、展示します。
 

【展示期間】 2020年6月2日(火)~7月12日(日)
【展示場所】 天文科学館 14階 展望室


-------------------- ・ -------------------- ・ --------------------

〔お問い合わせ〕
明石市立天文科学館
〒673-0877 明石市人丸町2-6 / TEL:078-919-5000

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)