館内施設案内

HOME > 館内施設案内 > 塔時計

塔時計

明石市のシンボルのひとつである明石市立天文科学館の塔時計。
その移り変わりをご覧ください。


現在(3代目)の塔時計のスペック

  現在(3代目)の塔時計のスペック
文字盤の直径 6.2m
長針の長さ 3.2m
短針の長さ 2.2m
地上高 47.5m
重量 約4t

塔時計の経緯

初代塔時計設置

  初代塔時計
1960(昭和35)年
6月8日
初代塔時計設置
  建物の一部として塔時計設置。
3階展示室に設置の親時計(振子式電気時計)で制御。
  親時計の取り替え
1961(昭和36)年
11月25日
服部時計店(現、セイコー(株))から水晶式親時計等の寄贈を受け、設置。

このページの先頭へ


2代目塔時計設置

  2代目塔時計
1978(昭和53)年
12月1日
服部時計店から塔時計等の寄贈を受け、設置。
1995(平成7)年
1月17日
兵庫県南部地震で被災し、地震発生時刻の午前5時46分で停止
1995(平成7)年
2月17日
断線箇所を仮設配線で復旧し正午から再稼働。
1997(平成9)年
3月5日
神戸学院大学で移設工事が完了し除幕式。

  塔時計移設風景
1996(平成8)年10月30日
震災復旧工事のため撤去し、神戸学院大学(神戸市西区)へ移設。

  除幕式の様子
1997(平成9)年3月5日
神戸学院大学で移設工事が完了し除幕式。

3代目塔時計設置

  3代目塔時計
1997(平成9)年
6月18日
服部セイコーから塔時計等の寄贈を受け、設置。
1998(平成10)年
1月17日
午前5時46分に稼働。

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)