館内施設案内

HOME > 館内施設案内 > 3F 展示室 > 「観測資料室」

3F 展示室「観測資料室」

天体の観測・発見、観測機器の発達など、天体観測の歴史について学べるゾーンです。

観測資料室

天体観測の歴史

天文学は、歴史の最も古い学問です。古代の人々が、夜空を見上げて思いをめぐらし、自分たちの住んでいる宇宙像を考えてきました。
そして、いろいろな天体現象を探究し、新しい法則の発見や、観測技術の発明を生みだしてきました。

天体観測の歴史

天体観測の歴史を、人物や発見された天体とともに時系列で紹介しています。
観測史、発見史、宇宙開発史、観測機器・天文施設の歴史年表など、天体観測の歴史を楽しみながら学べるコーナーです。

観測技術の発達

ガリレオが使った望遠鏡やニュートンが作った望遠鏡のしくみを模型とともに解説しています。
その他、野辺山電波望遠鏡(1/235)、ハーシェル望遠鏡(1/100)、八ッブル望遠鏡(1/70)、すばる望遠鏡(1/220)の模型をはじめ、各種望遠鏡のしくみを描いたパネルなども展示します。

展示ケース(天文書籍)

歴史的な天文書籍の実物展示します。
普段めったにお目にかかれない貴重な書籍に出会えます。

天体観測ナビゲーション(情報検索装置)

天体観測についての情報が得られる検索装置を展示います。

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)