プラネタリウム

HOME > プラネタリウム > 星と音楽のプラネタリウム > 2018(平成30)年度のスケジュール

星と音楽のプラネタリウム

素敵な生の音楽と星空をお楽しみいただくプラネタリウム特別投影です。

  星と音楽のプラネタリウム

2018(平成30)年度の「星と音楽のプラネタリウム」スケジュール

下記日程の14:30~15:20です。(当日整理券制)
出演者等の詳しい内容はお問い合わせ下さい。
詳細につきましては、当ホームページで順次公開していきます。

○実施日:5月19日(土)/6月16日(土)/10月20日(土)/11月24日(土)/1月19日(土)/2月16日(土)/3月16日(土)

実施日
出演・内容
2019年2月16日(土)




プラネタリウム投影:石井優子

<♪出演> Mid Mountain Dog


●犬井 有理菜(サクソフォン)/
12歳からサクソフォンを始め、大阪音楽大学 器楽学科を卒業。サクソフォンを鵜川直樹、井上麻子、室内楽を西本淳各氏に師事。 在学中、学内の選抜演奏会に出演。卒業後にはデビューリサイタルを兵庫、大阪、滋賀、沖縄にて開催し好評を得る。現在は吹奏楽の指導、音楽教室でサクソフォン講師を務める傍ら、自身の演奏活動も積極的に行っている。
●中野 一輝(ギター)/
14歳の頃よりギターを始め、甲陽音楽院を卒業。クラシックギターを中川誠、ジャズ、フュージョンギターを土野裕司各氏に師事。在学中、作曲やアレンジ、リハーモナイゼーションテクニックを学ぶ。卒業後は京都のオールディーズのライブハウス等で修行を積む。 現在は関西を中心に自身の演奏活動や、バンドのサポート演奏等を行う。また、音楽教室でギター講師としてレッスンを行うなど後進の指導にもあたっている。
●山口 真央(二胡)/
3歳の頃よりピアノ、バイオリンを始め、16歳の頃、中国民族楽器ユニット・女子十二楽坊の影響で二胡を始める。中国国家を代表した演奏家・閔惠芬、北京・中央音楽学院の厳潔敏、馬向華らや上海音楽学院の王永徳、高韶青、陳春園ら各氏、著名な教育家、演奏家より指導を受けた。中国の様々な地方の音楽や奏法を研究する一方、中国音楽のみならず、クラシックやロック、クラブミュージックなど、新たな二胡の可能性も追求している。

2019年1月19日(土)




プラネタリウム投影:西山愛子

<♪出演> 高橋真珠(ヴァイオリン)


東京に生まれ、3歳よりバイオリン、6歳よりピアノを始める。桐朋音楽大学附属こどものための音楽教室在籍中より数々の公開演奏会に出演。1996年桐朋女子高等学校音楽科卒業後、同大学diplomaコースを経て米国に渡り、Aspen Music Festival 参加中に開催されたStarling Fellowship コンクールで最優秀賞受賞。2003年には修士課程を修了。同年にはSchadt Stringコンクールのファイナルにてdiploma及び聴衆賞を受賞。これまでに、(敬略)篠崎功子、Paul Kantor、David Updegraff、Franco Gulli、Piotr Milewski、Dorothy DeLayの各氏に師事。2005年秋より兵庫県立芸術文化センター管弦楽団員をつとめ、日本演奏連盟会員。2008年7月より香港シンフォニエッタ所属となる。国内外でソロや室内楽の演奏活動も積極的に取り組んでいる。

2018年11月24日(土)




プラネタリウム投影:兼吉幸恵
<♪出演> 山本ありさ(フルート)・西海佳苗(ピアノ)


●山本ありさ(フルート)/
兵庫県西宮高校音楽科を経て、相愛大学音楽学部卒業。同大学卒業演奏会、日本フルート協会新人演奏会、第2回ドルチェアーティストサロン新人演奏会に出演。J.フェランディス、T.クリスチャンセンのマスタークラス受講。2011年、2018年9月、リサイタル開催。ヤマハ大人の音楽レッスン講師。シリンクスフルートアンサンブルのメンバーとしてCD録音、東京公演等で活躍している。持田洋氏に師事。

●西海佳苗(ピアノ)/
大阪音楽大学器楽科ピアノ専攻卒業。石井なをみ、岡原慎也の各氏に師事。2008年ドイツミュンヘンの歌曲夏期講習にて、ヘルムート・ドイチュ、フリッツ・シュヴィングハマー、岡原慎也の各氏に歌曲伴奏法を師事。2011年日独交流150周年ドイツへの演奏旅行にて出演。現在主にフルートやトロンボーン、歌等の伴奏ピアニストとして活動中。

2018年10月20日(土)






プラネタリウム投影:鈴木康史
<♪出演> 福本聖子(ヴァイオリン)・石川麻優(ピアノ)


●福本聖子(ヴァイオリン)/
大阪音楽大学器楽学科弦楽器専攻卒業。同大学専攻科修了。08年isa-ウィーンサマーアカデミーにて、ポール・ロチェック氏に師事。09年京都国際音楽学生フェスティバルに参加。同年Phoenix OSAKA 弦楽四重奏マスタークラス受講。高石フレッシュコンサート出演。10年11年ドイツ、アルテンシュタイク講習会にてヘルムート・ツェートマイヤー氏に師事。現地の教会にてコンサート出演。現在関西を中心に室内楽演奏や、指導に研鑽を積む。面白山児童センター講師。大阪音楽大学付属音楽院講師。これまで三木史激、藤井たみ子、山名公子、前橋汀子、坪井一宏、久合田緑各氏に師事。
●石川麻優(ピアノ)/
兵庫県出身。大阪音楽大学音楽学部声楽学科卒業。2006年「夢のコンチェルトinソフィア」に参加、ブルガリア王立ソフィア・フィルハーモニー管弦楽団と共演する。卒業後は、コミュニティFM局にて、ディレクター、パーソナリティとして番組制作に従事する傍ら、 即興芝居でBGMを演奏する即興ピアニストとしても活動している。これまでに、ピアノを木下翠氏、小出ひろみ氏に、声楽を黒田知子氏、谷川勝巳氏の各氏に師事。

2018年6月16日(土)




プラネタリウム投影:西山愛子
<♪出演> アンサンブルポロッコリー
(鍵盤ハーモニカ・カルテット)


鍵盤ハーモニカを使った女性4人によるアンサンブルグループ。ジャンルにとらわれない“古今のいい音楽を演奏すること”をモットーとして、関西各地のコンサート、ライブ、イベントに出演するほか、自主企画による演奏会の開催や、幼稚園、保育園、小学校での音楽観賞会、大人向けの鍵盤ハーモニカ講座なども行う。
ウェブサイト http://proccoli.iinaa.net/

2018年5月19日(土)




プラネタリウム投影:鈴木康史

---
明石から見上げる春の星空とともに、南半球の星空もご案内します。
<♪出演> Dreamaway
     (ドリームアウェイ/マリンバ・ピアノ)


関西を中心に音楽活動をするグループ。現在は、マリンバとピアノのデュオでの活動を主にしている。クラシック曲を中心としたアレンジ演奏を得意とする。幼稚園、小学校の講師演奏やパーティ、レストラン、老人ホームなど様々なシーンに合わせた演奏は定評がある。

●齊藤和実(マリンバ)/ マリンバ・打楽器奏者として、個人、アンサンブル等 で活動するほか、オーケストラへの賛助出演等も行っている。 2003年、2011年、2013年に日本木琴協会全国選抜マリンバ大会に出演。 2011 年、岐阜国際音楽祭コンクール入選。 国塚貴美氏、山下嘉範氏に師事。 日本木琴協会会員。
●吉田真知子(ピアノ)/ 大学卒業後、3年間私立幼稚園にて幼稚園の先生として音楽の授業を受け持つ経験を積みながらオーボエ・フルート・声楽の伴奏ピアニストとして活躍。 現在、演奏活動のほかにも、幼稚園の音楽会・さまざな演奏会での演奏曲の編曲・絵本に合わせた作曲・リズム運動の作曲など多彩な活動を行っている。

【♪演奏曲】 英雄の証(モンスターハンターより)/Jupiter/輝く未来(塔の上のラプンツェルより)/銀河鉄道999 など (演奏曲は変更の可能性あり)

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)