よくあるご質問

HOME > よくあるご質問 > その他の質問

その他の質問

13番目の星座について

Q.星占いに13番目の星座が追加?

この前、本で星占いのコーナーを見たら、いつのまにか12の星座が1つ増えて13になっていました。
どうして1つ増えたんですか?

A.黄道13星座

西洋占星術に使われている黄道12星座は、春分点を起点にして黄道を12等分したもので、西洋占星術がほぼまとめられた紀元前2世紀頃に当時の春分点がおひつじ座にあったことから、第1宮はおひつじ座、第2宮はおうし座、第3宮はふたご座、・・・・、
第12宮はうお座で終わる12星座が割り振られ、現在も一般にひろく使われています。

ところで、春分点の位置は、地球の歳差運動のために毎年黄道上を50.3秒角ずつ西へ移動していて、約72年で角度1度、約2150年で角度30度移動します。
そのために紀元前2世紀頃におひつじ座にあった春分点が現在で はうお座に移っています。
そして12の全ての宮が、星座と合わなくなっています。
そこで、星座と合わせた占星術も考えられています。この場合の星座の大きさはまちまちですから、それぞれの宮の間隔も30度毎ではありません。

さらに、19世紀までは星座の境界がはっきりしていなかったものが、1928年の国際天文同盟(現在の国際天文学連合)の総会で決まりました。(理科年表による)
そして、へびつかい座を黄道が通っていることがはっきりわかるようになりました。
最近になって、若い人たちの間で星占いの人気が高まってきた機会をとらえて、へびつかい座を加えた13星座の占星術を考える人が出てきたのです。

ところで、星座は、星の並びを覚えやすくするために人間がとつくったものです。
星座の境界も、天文学者が決めたものです。そのような星座が、人間生活を左右するよという考えはあやまりです。

気にしないようにしてください。

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)