各種催し物のご案内

HOME > 各種催し物のご案内 > 特別展 >宇宙のタイムカプセル・隕石展

2016(平成28)年度 特別展

宇宙のタイムカプセル・隕石展

 

期間:2016年7月16日(土)~9月4日(日)

展示場所:3階展示室

隕石は、天体のかけらです。多くは小惑星のかけらで、月や火星の表面からやってきた隕石もあります。隕石が落下するときは大きな音を伴った明るい流れ星(火球)が出現し人々を驚かせます。隕石の落下は、古今東西の記録に多く残っています。最近では2013年にロシアに隕石が落下し大きなニュースになりました。日本にも多くの隕石落下の記録があり研究されています。隕石は太陽系の歴史を教えてくれる宇宙のタイムカプセルです。本特別展では、多くの関係機関等の後援・協力により第一級の隕石資料を展示します。

イミラック石鉄隕石(:明石市立天文科学館蔵)

【主な展示物】
★史上初!兵庫県に落下した3つの隕石「竹内隕石」、「岡野隕石」、「神戸隕石」を同時展示。
※竹内隕石:石質隕石:兵庫県朝来市1880/2/18落下。産業技術総合研究所地質調査総合センター所蔵
※岡野隕石:鉄隕石:兵庫県篠山市1904/4/7落下。京都大学総合博物館所蔵
※神戸隕石:石質隕石(炭素質コンドライト):兵庫県神戸市北区1999/9/26落下。研究用薄片。神戸大学理学部所蔵。

★南極で採集された月起源の隕石、火星起源の隕石等(国立極地研究所所蔵)

★隕石で作られた珍しい刀
・隕星剣(大野裕明氏所蔵)
・流星刀(富山市科学博物館所蔵) ※流星刀は8月2日~9月4日に展示。

★落下記録が明らかな世界最古の隕石(直方)や日本三大隕石(気仙、田上、米納津)など国立科学博物館が所蔵する日本の隕石レプリカ8点等、日本の隕石関連資料展示。

★2013年にロシアに落下したチェリャビンスク隕石(府中市郷土の森博物館所蔵)、重量級さわれる鉄隕石(大阪市立科学館所蔵)、楽しい富田隕石紹介映像(倉敷科学センター協力、雑貨団製作)、八王子隕石マンガ(コニカミノルタサイエンスドーム提供)

★小惑星探査機 はやぶさ、はやぶさ2に関連する隕石や資料(はやぶさ2映像上坂浩光監督 スペシャルディション)

★他

【後  援】
国立研究開発法人 産業技術総合研究所地質調査総合センター
【協  力】
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 国立極地研究所、独立行政法人 国立科学博物館、府中市郷土の森博物館、大阪市立科学館、富山市科学博物館、倉敷科学センター、 コニカミノルタサイエンスドーム、鹿児島県立博物館、京都大学総合博物館、神戸大学、天理大学附属天理図書館、兵庫県立図書館、田村市星の村天文台 大野裕明

 

 

7/16(土) 特別講座 「隕星剣のひみつ」

講師 大野 裕明 氏(田村市星の村天文台)
日時 2016年7月16(土) 14時~15時30分
会場 明石市立天文科学館・2階天文ホール
参加費 入館料のみ
定員 30人
参加方法 当日受付(当日整理券制)

7/23(土) 特別講座 「流星の観測」 

講師 豆田 勝彦 氏(日本流星研究会)
日時 2016年7月23日(土) 11時~12時
会場 明石市立天文科学館・2階天文ホール
参加費 入館料のみ
定員 30人
参加方法 当日受付(当日整理券制)

9/4(日) 特別講座 「八王子隕石を探る」 

講師 森 融 氏(コニカミノルタサイエンスドーム)   
日時 2016年9月4日(日) 13時~15時
会場 明石市立天文科学館・2階天文ホール
参加費 入館料のみ
定員 30人
参加方法 当日受付(当日整理券制)
  

※講座の整理券は当日開館時(9:30)より配布します。


このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)