各種催し物のご案内

1月31日(水)皆既月食

皆既月食

2018年1月31日(水)に、好条件の皆既月食が見られます。とても貴重な現象です。
当日、20時48分から満月が少しずつ欠けていき、21時51分~23時8分に皆既月食となります。
月食は、肉眼でも観察をしていただけます。また、当館ではインターネット生中継も行います。

 

皆既月食インターネット生中継

当日の月食の様子を、インターネット生中継します。当館職員による月食の音声解説もあります。月食観察の参考にお役立てください。

中継時間 2018年1月31日(水)20時~24時(予定)

中継はこちら→ 皆既月食(明石・1月31日)中継 (YouTubeライブ)

協力:明石ケーブルテレビ

 

皆既月食を見よう!

 

2018年1月31日(水)皆既月食

 

 

 

              時刻       食分
部分食の始め       20時48.1分        0
皆既食の始め       21時51.4分        1
食の最大             22時29.8分        1.321
皆既食の終わり     23時08.3分        1
部分食の終わり     24時11.5分        0

(月食の状況/国立天文台天文情報センターより)

 

国立天文台では、皆既月食キャンペーンを行っています。ぜひご参加ください。

 

 

皆既月食Q&A

 

月食とは?

月食は月が地球の影に入り込む現象です。部分月食は、月の一部が欠ける現象です。皆既月食は月が地球の影に完全に入り込む現象です。皆既月食の前後は部分月食です。2018年は、皆既月食が2回あります。

 

 
 

日食と月食で欠け方はちがいますか?

日食は太陽を月が隠しますので、欠け際はクッキリと鮮明です。月食は地球の影が月面に落ちますが、地球の影は地球から約40万km離れている上に地球には大気があるため、欠け際はそれほどはっきりとはしていません。月が完全に地球の影に入り込む皆既月食の状態でも、地球の大気のために太陽の赤い光が回り込み月面を照らします。そのため皆既月食は赤銅色になります。大気中のチリが多いと回り込む赤い光が少なくなり暗い月食になります。(大きな火山活動があるときなどに大気中のチリが増えます)月食は世界中どこでも同じ時刻に起こります。

 



 

観察のポイント

肉眼で観察できますが、双眼鏡を使うとよりよくわかります。

 



 

皆既月食の月の色は違うのですか?

皆既月食では、完全に真っ暗になることはほとんどなく、多くの皆既月食では独特の赤銅色になります。これは地球の大気を通過した赤い光が月面を照らすためです。大気中のチリの量などの影響により、皆既月食の色合いは毎回違います。フランスの天文学者ダンジョンは皆既月食中の月の色として「ダンジョンの尺度」という目安を用いて調べました。今回はどうなるか観察してみると面白いでしょう。

◆ダンジョンの尺度(スケール)
尺度  月面の様子      
0‐非常に暗い食。月のとりわけ中心部は、ほぼ見えない。黒
1‐灰色か褐色がかった暗い食。月の細部を判別するのは難しい。灰色またはこげ茶色
2‐赤もしくは赤茶けた暗い食。たいていの場合、影の中心に一つの非常に暗い斑点を伴う。外縁部は非常に明るい。暗い赤
3‐赤いレンガ色の食。影は、多くの場合、非常に明るいグレーもしくは黄色の部位によって縁取りされている。明るい赤
4‐赤銅色かオレンジ色の非常に明るい食。外縁部は青みがかって大変明るい。オレンジ

   

(国立天文台のサイトより/Danjon, M.A. 1920, Comptes Rendus Acad. Paris 171, 1127より翻訳)

 

 
 

前回と次回以降の皆既月食は?

日本で観測できる皆既月食は2015年4月4日以来です。次回以降日本で見ることができる皆既月食は2018年7月28日、2021年5月26 日、2022年11月8日です。




お問い合わせ
明石市立天文科学館
TEL:078-919-5000


このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)