各種催し物のご案内

HOME > 各種催し物のご案内 > その他イベント >時の記念日の歌再現

幻の「時の記念日の歌」再現イベント

6月10日は時の記念日です。時の記念日は、671 年に天智天皇が漏刻(水時計)を設置し時を知らせたことに由来し、1920 年(大正9 年)に東京教育博物館(現国立科学博物館)で開催された「時展覧会」が契機となり誕生しました。
時展覧会や時の記念日は全国的な広がりをもちました。1920年に大阪で開催された「時展覧会」で時に関する歌詞の募集がおこなわれ、入選作のひとつ兵庫県佐用郡の田淵巌氏の作品「金より尊い」は、大阪音楽大学の前身「大阪音楽学校」設立者の永井幸次(こうじ)氏(1874~1965年)が作曲を行い、後に「尊い寶」という名前で時の記念日の唱歌として全国の学校で歌われるようになりました。同歌は現在では知る人も少なくなりましたが、昨年、大阪音楽大学音楽博物館に楽譜が残っていることが判明し、この度再現する運びとなりました。
1920年(大正9年)につくられた「時の記念日の歌」を再現します。

 

幻の「時の記念日の歌」再現イベント

日時:2016年6月12日(日)12:30~

場所:明石市立天文科学館 2階プラネタリウムドーム

定員:先着250名(当日整理券制)

演奏:繁田 千都子(しげた ちずこ)・ソプラノ/北山 幹子(きたやま みきこ)・ピアノ

※チラシはこちら(PDF:647KB 歌詞も載っています)

 

時の記念日の歌:「尊い寶(とうといたから)」

演奏:繁田 千都子・ソプラノ/北山 幹子・ピアノ

●音源(WMAファイル:2.5MB)

  ・右の音符を左クリックをすると音楽の再生が始まります。
・うまくいかない場合は、右クリックをし、「対象をファイルに保存」を選択し、音源ファイルをパソコンに保存してください。保存した音源ファイルを、WMAファイル対応の音楽再生ソフトで再生してください。
 
音源はこちら

 

時の記念日の歌:「尊い寶(とうといたから)」歌詞

 作歌 田淵 巌  ・ 作曲 永井幸次
一、金より尊い  寶は時間
  再びかへらぬ だいじな時間
  生活改造の  いの一番に
  時間を尊重  いたしませう
二、金より尊い  寶は時間
  二度とは得られぬ 切ない時間
  社會(しゃかい)改善の いの一番に
  時間を正しく いたしませう
三、金より尊い  寶は時間
  一度すぎたら かへらぬ時間
  能率増進の  その手はじめに
  時間をうまく 使ひませう
四、金より尊い  寶は時間
  再び帰らぬ  大事な時間
  文化増殖の  その手はじめに
  時間を正しく 守りませう

 


このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)