各種催し物のご案内

HOME > 各種催し物のご案内 > その他イベント >特別投影「小惑星探査機はやぶさ 奇跡の軌跡」

特別投影「小惑星探査機はやぶさ 奇跡の軌跡」

「小惑星探査機はやぶさ 奇跡の軌跡」

多くの国民の感動を呼び現在話題中の小惑星探査機はやぶさ。
2010(平成22)年7月3日(土)9:50~の本特別投影では、はやぶさ探査のメンバーの一人である寺薗淳也先生のお話をインターネット中継で伺い、探査の苦労話や最新情報などを楽しんでいただきます。

2010.06.25

日時
2010(平成22)年7月3日(土)9:50~(当日受付)
場所
明石市立天文科学館 2階プラネタリウムドーム
内容
(1)講演タイトル
特別投影「小惑星探査機はやぶさ 奇跡の軌跡」
(2)講演内容
2003年に打ち上げられた小惑星探査機はやぶさは2005年に小惑星イトカワに到着、表面地形の調査や、着地による試料採集を試みるなどの貴重な科学観測を行いました。また、運用停止につながりかねない数々のトラブルが発生しましたが、これらを乗り越え、予定の3年遅れで地球に帰還しました。その様子は多くの国民の感動を呼び、話題になりました。 本特別投影では、はやぶさ探査のメンバーの一人である寺薗淳也先生のお話をインターネット中継で伺い、探査の苦労話や最新情報などを楽しんでいただきます。
講師
寺薗淳也(会津大学助教)先生

寺薗淳也(てらぞのじゅんや)先生

講師プロフィール
1967年東京都生まれ。名古屋大学理学部卒、東京大学大学院理学系研究科(博士課程中退)。(財)日本宇宙フォーラム、宇宙航空研究開発機構などを経て、現在会津大学情報センター助教。専門は惑星科学、情報科学。月・惑星探査の情報サイト「月探査情報ステーション」http://moonstation.jp/の編集長を務め、宇宙科学・宇宙開発の普及、啓発活動をライフワークとする。
個人ウェブサイトはhttp://www.terakin.com/
参加費
入館料のみ

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)