各種催し物のご案内

HOME > 各種催し物のご案内 > その他イベント > 時の記念日のおはなし

時の記念日特別講演会「時の記念日のおはなし」

日本で初めて時を知らせた日-時の記念日-、そのいわれと経緯(いきさつ)

2010年6月13日(日)14:30~、明石市立天文科学館 2階プラネタリウムドームにて日本で初めて時を知らせた日をテーマに、時の記念日特別講演会「時の記念日のおはなし」を開催します。

2010.06.01

   
日時
2010(平成22)年6月13日(日)14:30~(当日受付)
場所
明石市立天文科学館 2階プラネタリウムドーム
内容
(1)講演タイトル
時の記念日のおはなし
~日本で初めて時を知らせた日-時の記念日-、そのいわれと経緯(いきさつ)~
(2)講演内容
6月10日は時の記念日です。
この日は天智天皇が水時計で日本で初めて時を知らせたという故事に由来しています。
本講演会では、日本における時の研究の第一人者である佐々木勝浩先生(国立科学博物館名誉研究員)に時の記念日のいわれとその経緯についてお話いただきます。
講師

佐々木勝浩 (国立科学博物館 名誉研究員)

佐々木勝浩(ささきかつひろ)氏

講師プロフィール
国立科学博物館名誉研究員、名誉館員。
天文学、時、時を計る技術の歴史が専門。論文多数。
グラスハープ演奏やブーメランなど多才な(多彩な)研究でも知られている。
参加費
入館料のみ

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)