各種催し物のご案内

2019年12月26日 部分日食 観望会

2019年12月26日(木)に、全国で部分日食が見られます。
東日本では、日食中に日没する日没帯食となり、明石を含む西日本では日食の全過程が見られます。
明石での最大食分は0.365です。
部分日食

部分日食観望会


日 時
2019年12月26日(木) 
日食のはじまり 14:21
食の最大 15:31
日食おわり 16:32
(明石での見え方)
場 所
明石市立天文科学館 玄関前
参加費
無料
(駐車料金は別途必要)
(入館の場合は観覧料が必要)
参加方法
当日受付
観望方法
太陽投影板や日食メガネ等をつかって観察。
その他
★悪天候時は中止となる場合があります。
(中止となる場合は、天文科学館ホームページやツイッター(@jstm135e)等でお知らせします。)


部分日食とは


Q.部分日食って何?

A. 日食は、太陽が月によって隠される現象です。日食のうち、太陽が月に完全にかくされる場合を「皆既日食」、太陽の一部が月にかくされる場合を「部分日食」といいます。




皆既日食

部分日食
Q.どうやって観察するの?

A.太陽は、とてもまぶしいため、安全な方法で観察することが大切です。太陽を観察するための道具として、日食メガネが市販されています。


×絶対にやってはいけない観察方法
 肉眼で太陽を見たり、望遠鏡で観察したり、黒い下敷きやサングラスで観察するのは、とても危険です。



お問い合せ

明石市立天文科学館
〒673-0877 明石市人丸町2-6 / TEL:078-919-5000


このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)