各種催し物のご案内

天体観望会

観望会の流れ

観望会の流れ1 受付後、プラネタリウムドーム内で観望する天体について解説を行います。
解説の後、16階の観測室および4階の日時計広場へ移動していただきます。
観望会の流れ2 16階観測室の天体望遠鏡は、40㎝反射望遠鏡です。
観測室では、各月のテーマになっている天体を一人ずつ順番に見ていただきます。
観望会の流れ3 この望遠鏡は、コンピューターで制御されており、目標天体を選ぶと、天体望遠鏡は自動的にその天体の方向に向きます。
そして、一度視野に天体を捕らえたら自動的にその天体を追いかけてくれます。
4階日時計広場では、小型望遠鏡を使って、各月のテーマになっている天体を見ていただきます。
また、順番待ちの間、小型望遠鏡では、他の天体を観望していただくこともできます。
  ※雨天・曇天時には、観測室の見学等に内容が変更となる場合があります。


←「天体観望会」に戻る

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)