各種催し物のご案内

HOME > 各種催し物のご案内 > ナイトミュージアム >七夕ナイトミュージアム

2018(平成30)年度 ナイトミュージアム

七夕ナイトミュージアム

特別展「天文時計展/時計のある風景写真展」開催記念講演会とプラネタリウムミニコンサート、天体観望会をお楽しみください。

チラシは こちら

名 称 七夕ナイトミュージアム
会 場 明石市立天文科学館
日 時 2018年7月7日(土)19:00 開演 (18:30開場)
第3部には、日時計広場にて、 天体観望会を開催します。(21:30まで/天候により中止)
参加費 1,000円 (駐車料金:別途200円)
定員 270名(先着順)
申込方法 6月1日より電話またはホームページから先着順に受付。
電話:078-919-5000
★ホームページより申し込む場合は、こちらよりお申し込みください。
※携帯電話(フィーチャーフォン)及びスマートフォンの一部(Android 4.4以前またはiOS4以前)からは、ホームページから申請していただく事ができません。当館に電話等でお申し込みください。
内容
【第1部】 19時00分~19時45分
特別展「天文時計展/時計のある風景写真展」開催記念講演会
「ヨーロッパの塔時計・天文時計について」 
講師:佐々木 勝浩 


●講師プロフィール●
国立科学博物館名誉館員、名誉研究員。科学技術史(時刻測定の発達、和時計の技術的特徴、日本の時刻制度)、博館学、及び科学コミュニケーションが専門。論文多数。グラスハープ演奏やブーメランなど多才な(多彩な)研究でも知られている。
【第2部】 20時00分~20時45分
プラネタリウムミニコンサート
出演:ウミネコ楽団
五月エコ(アコーディオン)
新井洋平(コントラバス)


●出演者プロフィール●
オリジナル楽曲のほか世界の伝統曲を演奏している。キャッチーで叙情的な楽曲づくりと映像の見えるアレンジを得意とする。2015年には西野亮廣氏がジャケットイラストを担当し、最大13人編成で挑んだアルバム「Gasparo」を発表。2016年からはサンドアート(砂絵)パフォーマンスを交えての公演を各地で開催。今年の8月には舞浜アンフィシアターでのイベント「サーカス!」に出演が決定している。
【第3部】 20時45分~21時30分 
天体観望会
観望天体:七夕の星(織姫星・彦星)、木星、土星など
(観望会は天候により中止となる場合があります。)
※20時45分~21時30分の時間に特別展「天文時計展/時計のある風景写真展」をご覧いただけます。
その他 ※警報が発令されるなどにより、イベントが中止となる場合があります。その場合、当日午後2時までに決定し、ホームページなどでお知らせします。

このページの先頭へ

このサイトをご覧いただくにあたって

Adobe Readerダウンロード Adobe Reader

PDFファイルをご覧になるにはADOBE®READERが必要です。
お持ちで無い方は左のボタンよりダウンロードをお願い致します。

  • プライイバシーポリシー
  • 明石市のページへ
  • 明石市「ふるさと納税」のページへ
明石市立天文科学館 〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2-6 電話/078-919-5000
メールでのお問い合わせ E-mail :
(迷惑メール防止のため画像にしておりますので、メールの宛名にアドレスを直接打ち込んでください。)